2018/06/28 21:01

日本の人形アニメ特集上映がアヌシー映画祭で満席!アニメ作家村田朋泰が手応え明かす

文化庁メディア芸術祭海外展にインスタレーション作品「Mt.Onokoro」や『家族デッキ』のミニチュアセットを出品した村田朋泰監督(アヌシー国際アニメーション映画祭のマーケット会場MIFAにて)
文化庁メディア芸術祭海外展にインスタレーション作品「Mt.Onokoro」や『家族デッキ』のミニチュアセットを出品した村田朋泰監督(アヌシー国際アニメーション映画祭のマーケット会場MIFAにて)

 NHK Eテレ「プチプチ・アニメ」の「森のレシオ」やMr.Children「HERO」のミュージックビデオを手がけた映像作家・村田朋泰監督の特集が、このほどフランスで開催された第42回アヌシー国際アニメーション映画祭で特別上映された。

 現在、自身の特集上映では初の全国展開となる「村田朋泰特集・夢の記憶装置」が順次公開中だが、世界最大規模のアニメーション映画祭で着目されたことで、今後さらに活躍の場が広がりそうだ。

 村田監督は東京芸術大学修士課程美術研究科デザイン専攻出身。チェコの人形アニメーションに魅了され、在学中からコマ撮りによる人形アニメーションを制作し、一人暮らしの老人が日々の暮らしからふと、遠い記憶を巡らす『睡蓮の人』(2000)で2001年の第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の優秀賞を受賞。子供を亡くした男性の心の旅を描いた『朱の路(あかのみち)』(2002)は第9回広島国際アニメーションフェスティバル優秀賞を獲得している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >