2018/07/02 15:43

「デジタル修復」の正解は過去にある  修復の担当者が語る

水戸遼平さんと中村謙介さん
水戸遼平さんと中村謙介さん

 1日、東京・角川シネマ新宿で開催中の名匠・小津安二郎監督の名作を4Kデジタル修復版で上映する特集企画「小津4K 巨匠が見つめた7つの家族」に、今回のデジタル修復に携わった株式会社IMAGICAの中村謙介、同社・水戸遼平の2人が登壇。デジタル修復の作業工程を説明する「スペシャル講座」を開いた。水戸さんは「デジタル修復の正解は、必ず過去にあります。その映画公開当初の一番いい画面を再現するのが、我々の目指すところ」と熱く語った。

 「デジタル修復の工程には大きく5つの段階があります」と説明する水戸さん。デジタル化の元になる「1.素材フィルムの選定」に始まり、選定したフィルムの反りや破れ、欠けの「2.補修」を行なったのち、フィルムスキャナーという専用機で「3.デジタル化」。その後「4.デジタル修復」という工程で古いフィルムにあった傷やゴミ、画面の揺れ、不安定な明滅などのノイズをデジタル的に除去し「5.カラーコレクション」という色や質感の統一をみる仕上げ作業で完成となる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >