2018/06/29 13:10

世界初演『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート9月に東京・大阪で開催

 ジュゼッペ・トルナトーレ監督による不朽の名作『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリア公開30周年を記念して、9月に東京と大阪でシネマ・コンサートが開催されることになった。『ニュー・シネマ・パラダイス』のシネマ・コンサートは日本で世界初演となる。

 大スクリーンでの映画上映とフルオーケストラの生演奏が一緒に楽しめるシネマ・コンサート。映画のセリフや効果音はそのままに、音楽パートをオーケストラが本編上映に合わせて生演奏する。世界に先駆けて日本で初上演される『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサートでは、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネが手掛けた劇中音楽をオーケストラの生演奏で体感することができる。

 指揮は、昨年末に日本で開催された「ラブ・アクチュアリー in コンサート」でもタクトを振ったティアゴ・ティベリオ、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が担当。東京公演は9月15日、16日に東京国際フォーラム、大阪公演は9月17日にオリックス劇場で行われる。チケットの一般発売は7月21日から。先行受付は6月29日正午より開始された。詳細は公式サイトで確認できる。

 アカデミー賞外国語映画賞に輝いた『ニュー・シネマ・パラダイス』は、イタリアのシチリアにある小さな映画館を舞台に、少年トトと映写技師アルフレードの温かな交流を描いたヒューマンドラマ。1988年にイタリアで公開され、日本では翌1989年12月に東京・シネスイッチ銀座で単館公開。同館で40週に及ぶロングラン上映となる大ヒットを記録した。(編集部・小松芙未)

【関連情報】
『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート公式サイト
【写真】『ニュー・シネマ・パラダイス 』
『ニュー・シネマ・パラダイス』に隠された“映画の嘘”大林宣彦監督が明かす
映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネがハリウッド殿堂入り
『スター・ウォーズ』旧3部作オーケストラ生演奏で一挙上映!朝から晩まで11時間!
観覧無料!西新宿の夜景をバックに屋外上映イベント7月開催

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >