2018/06/29 18:32

「世界の中心で愛を叫んだけもの」作家ハーラン・エリスンさん死去 84歳

ハーラン・エリスンさんご冥福をお祈りいたします Gabe Ginsberg / FilmMagic / Getty Images
ハーラン・エリスンさんご冥福をお祈りいたします Gabe Ginsberg / FilmMagic / Getty Images

 短編SF「世界の中心で愛を叫んだけもの」などで知られる作家のハーラン・エリスンさんが、28日にアメリカ・ロサンゼルスで亡くなった。84歳だった。

 エリスンさんは、1934年生まれでオハイオ州クリーブランド出身。1949年に15歳で初の短編小説を地元新聞紙で発表し、長いキャリアのなかで、ドン・ジョンソン主演で映画化もされた「少年と犬」といった中編や、「世界の中心で愛を叫んだけもの」に代表される数多くの短編を手掛けた。

 その活動は作家にとどまらず、ハリウッドではテレビドラマの脚本家としても活躍。「スター・トレック/宇宙大作戦」「アウターリミッツ」「0011ナポレオン・ソロ」など名作ドラマのエピソードを執筆したほか、コミックなども手掛けた。

 訃報を伝えた Hollywood Reporter では、エリスンさんが生涯にわたって遺した作品は1,800作以上に及ぶとしている。優れたSF・ファンタジー作品に贈られるヒューゴー賞やネビュラ賞を幾度も受賞した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >