2018/07/10 08:15

『ジュラシック・ワールド』コリン・トレヴォロウ こだわり抜いたストーリー作りの秘訣とは

質の高い脚本を執筆するために、日々研究を続けているという。 -コリン・トレヴォロウ 写真:奥野和彦
質の高い脚本を執筆するために、日々研究を続けているという。 -コリン・トレヴォロウ 写真:奥野和彦

 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の製作総指揮・脚本を担当したコリン・トレヴォロウが、世代を超えて愛される作品を製作するためのこだわりについて語った。

 今年で25周年を迎える『ジュラシック』シリーズは、子供から大人まで楽しめるエンターテインメント作品である。プロデューサーのコリンはあらゆる世代、異なる文化や言語を持った人々が共通して楽しめる作品を届けるため、世界の映画からストーリーテリングを研究。全ての人が楽しめるストーリーを届けたいというコリンのこだわりは、彼が執筆した本作の脚本に見事に反映されている。

 「ただ単純な映画を作れば良いという訳ではありません。世界には異なる文化がたくさん存在します。中国に住む5歳の女の子と、フロリダ州に住む80歳のおばあさん両方に響くストーリーを考えるのは非常に難しく、ハイレベルな想像力と挑戦が必要になります。そのためにも、世界各国の映画を観て、どんなストーリーがどのように語られているのか研究することも重要です。念入りにストーリーを構成して、アメリカだけでなく、世界中の人に喜んでもらえるような映画作りを心掛けています」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >