2018/07/03 18:32

マーベル映画はなぜ年3本公開に?社長が理由明かす

ファンの期待に応えるために、マーベルも試行錯誤を続けている! Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
ファンの期待に応えるために、マーベルも試行錯誤を続けている! Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 マーベルスタジオ社長ケヴィン・ファイギが、なぜマーベル映画の公開スケジュールが年3本となったのか、CINEMABLENDのインタビューでその理由を語った。

 同スタジオは、『ドクター・ストレンジ』が全米公開された2016年まで、ほぼ年2本のペースで新作を公開してきた。しかし近年は、公開本数を年3本に増やし、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界観を広げている。今年は、『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と続き、『アントマン&ワスプ』 の公開が控えており、来年には、『キャプテン・マーベル(原題) / Captain Marvel』、『アベンジャーズ』第4弾、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(原題)/ Spider-Man:Far From Home』の3作品が公開予定となっている。

 インタビューの中でケヴィンは、この公開頻度の変更について、人気キャラクターのストーリーを展開し続けるためだけでなく、知名度の低いキャラクターを紹介する作品を製作するためでもあると告白。マーベルスタジオは「フェーズ」と呼ばれる区切りをつけることで、段階的にヒーロー達のストーリーを展開することにも成功しており「観客が反応するキャラクターの物語だけでなく、『なぜこの作品を作るの?』と人々が思うような、知名度が低いキャラクターを描く作品も作り続けたいんです。これはとても面白いことなんです。これこそ、我々が“フェーズ”として築き上げてきたことです」と語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >