2018/07/05 20:06

綾野剛『パンク侍』でケガだらけの撮影

ハードルの高かったアクションシーンを振り返る綾野剛
ハードルの高かったアクションシーンを振り返る綾野剛

 俳優の綾野剛が、5日、新宿バルト9で行われた映画『パンク侍、斬られて候』大ヒット御礼舞台あいさつに、北川景子とともに出席。現場の熱量が詰まった初公開のメイキング映像も上映され、綾野は「すごい熱量がありましたね。今までで一番ケガが多かった現場でもあったので」とあらためて撮影を振り返った。

 本作は芥川賞作家・町田康の同名小説を、宮藤官九郎脚本、石井岳龍監督のコンビにより実写映画化。規格外の剣豪にして、いい加減な性格の主人公・掛十之進(かけ・じゅうのしん)が、自らがまいた種で起こる騒動に翻弄(ほんろう)されるさまが描かれる。

 この日上映されたメイキング映像には俳優とスタッフが一丸となって過酷なアクションに挑む姿がたっぷり収められており、綾野は「ドン・キホーテが風車に向かっていくような。すごい熱量がありましたね」と述懐。

 中には、綾野が丘からジャンプしてスタッフに受け止められたり、空撮をしていたドローンが後方から綾野に向かって急降下し、あわやぶつかりそうになる場面も。丘のシーンに北川が「すごいと思いました」と声を上げると、綾野は「あそこは駆け抜ける予定でしたけど、体がジャンプしちゃって」と説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >