2018/07/07 07:05

「秋風ロス」の豊川悦司、今こそ観たい名作&快作

豊川悦司(写真は6月撮影のもの)
豊川悦司(写真は6月撮影のもの)

 NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」で、永野芽郁演じるヒロインの師匠となるトヨエツこと豊川悦司が演じる少女漫画家・秋風羽織が大人気となったが、ヒロインが秋風のもとを去ることとなり「秋風ロス」が広がる中、必見のトヨエツ作品を紹介します!

 秋風という人物は偏屈者で変人。鈴愛(永野)、裕子(清野菜名)、ボクテこと誠(志尊淳)ら漫画家の卵たちを育てた。スパルタ指導で鈴愛らを追い詰めることもあるが、不器用ながらも弟子思い。秋風が彼らにかけた言葉は名言も多くジーンとさせられたかと思えば、漫画以外のことになると「赤子」レベルだったり、コメディーリリーフとなることもしばしば。「半分、青い。」公式Twitterによると、秋風が「オフィス・ティンカーベル」の壁の絵に涙と鳥を描き足す演技は、豊川が監督に提案したものだったという。ここまで豊川が役にハマったのは脚本家・北川悦吏子との固い信頼関係が大きい。

 北川×豊川と言えば、1995年にTBS系で放送された大ヒットドラマ「愛していると言ってくれ」を生んだゴールデンコンビ。DREAMS COME TRUEの主題歌「LOVE LOVE LOVE」が彩る本作で、豊川が演じた聴覚に障害のある新進青年画家と、女優志望のヒロイン(常盤貴子)との前途多難な恋は多くの女性の心をつかみ、涙を誘った。豊川の長髪に、ピュアな性格を象徴するかのような白シャツ姿がまぶしく、彼が最も美しかった時期といっても過言ではない。最高視聴率は28.1%だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >