2018/07/07 20:06

『ウォレスとグルミット』監督の新作は、負け犬原始人たちのサッカー映画!単独インタビュー

ワールドカップでサッカーが盛り上がっている今こそ! - 映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』より (C) 2017 Studiocanal S.A.S. and the British Film Institute. All Rights Reserved.
ワールドカップでサッカーが盛り上がっている今こそ! - 映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』より (C) 2017 Studiocanal S.A.S. and the British Film Institute. All Rights Reserved.

 「ウォレスとグルミット」「ひつじのショーン」の生みの親であるニック・パーク監督が電話インタビューに応じ、新作映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』やクレイアニメーションの魅力を語った。

 先史時代を舞台にした『アーリーマン』の主人公は原始人のダグ(住んでいるのは現在の英国マンチェスター辺り)。彼らより進歩している“青銅器人”に奪われた故郷を取り戻すため、強豪サッカーチームを擁する青銅器人に対し、ルールもわからない状態からサッカーで戦いを挑む姿をコミカルに描いている。

 「原始人×サッカー」というまさかのコラボについて、パーク監督は「クレイアニメというある意味原始的な手法が、原始人にぴったりだとずっと思っていて。クレイではマヌケな顔が作れるし、一つ一つに指紋が残っているような雰囲気が好きなんだ」ともともと原始人という設定を気に入っていたと明かす。そしてこん棒を持った原始人が岩を打つ姿を描いていたときに、それがスポーツをしているように見え、「原始人×スポーツ」というアイデアを思い付いたという。「先史時代の負け犬たちのスポーツ映画というのは、まだ誰も観たことがないと思ったんだ(笑)。それがサッカーに発展したんだよ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >