2018/07/10 05:00

前田敦子、日本ウズベキスタン合作映画で主演 長編映画初の海外オールロケに挑戦

主演作『旅のおわり、世界のはじまり』で黒沢清監督とともにウズベキスタンを訪れた前田敦子
主演作『旅のおわり、世界のはじまり』で黒沢清監督とともにウズベキスタンを訪れた前田敦子

 女優の前田敦子が、黒沢清監督による日本・ウズベキスタン合作映画『旅のおわり、世界のはじまり』(2019年公開)で主演を務めることが10日、わかった。『Seventh Code セブンス・コード』『散歩する侵略者』に続いて黒沢監督と3度目のタッグを組み、長編映画として初めてのオール海外ロケ撮影に挑戦。約1か月間の撮影を経た前田は、「AKBとして7年、AKBを卒業して今年で6年。丁度半分くらいのところにきて、今回、女優としてすごく良い経験をさせてもらい、幸せだと思えるところまで辿り着いたと思っています」と心境を明かしている。

 日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、ナボイ劇場完成70周年を記念して製作された本作。黒沢監督がオリジナル脚本を手掛け、日本のテレビバラエティ番組のクルーと共に取材のためにウズベキスタンを訪れた女性レポーター・葉子(前田)が、現地のコーディネーターや異文化の人々との交流によって成長していく姿を描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >