2018/07/15 13:00

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』実写版は100点の出来!原作者大満足

原作者の押見修造、蒔田彩珠、南沙良、萩原利久、湯浅弘章監督
原作者の押見修造、蒔田彩珠、南沙良、萩原利久、湯浅弘章監督

 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の初日舞台あいさつが14日に都内で行われ、主演の南沙良、蒔田彩珠、共演の萩原利久、湯浅弘章監督、原作者の押見修造が登壇した。押見は「演技が生々しくて、生きている姿をのぞき見しているかのよう。感動的でした。(点数をつけるなら)もう100点以外に言いようがないです」とその出来に大満足の様子だった。

 「ぼくは麻理のなか」「血の轍」などの漫画家・押見の実体験をベースにした本作は、吃音で周囲になじめない高校1年生の志乃と、音楽が生きがいなのに音痴な加代が、不器用にも交流していく姿を描いた青春ドラマ。

 志乃役は、雑誌「nicola(ニコラ)」の専属モデルとして活躍するほか、女優デビュー作『幼な子われらに生まれ』での演技が浅野忠信ら共演者から絶賛された南だ。押見の原作を読んで初めて吃音を知ったという彼女は、湯浅監督から「一つのシーンごとに志乃が感じたことを忘れずに、ラストシーンまで大切に自分の中にしまっておいてほしい」と言われ、「その言葉を大事に演技しました」と撮影を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >