2018/07/26 16:30

深津絵里が美少年に!『1999年の夏休み』デジタルリマスター版公開

映画『1999年の夏休み』より。左から2番目が深津絵里 (C)1988 日活/アニプレックス
映画『1999年の夏休み』より。左から2番目が深津絵里 (C)1988 日活/アニプレックス

 萩尾望都の漫画「トーマの心臓」に基づく金子修介監督による1988年の映画『1999年の夏休み』が、デジタルリマスター版で7月28日より都内を皮切りに全国で順次公開される。

 劇場公開から30年を迎えることを記念し、初のデジタル素材での上映が決定した本作。世間から隔絶された全寮制の学院を舞台に、自殺した一人の少年をめぐり、葛藤し、傷つけ合う少年たちを描いた青春ファンタジーだ。

 少年同士の愛というテーマに挑むにあたり、4人の美少年役に当時10代の少女たちを起用。深津絵里(当時は水原里絵)が本作でスクリーンデビューを果たし、現在声優としても活躍中の宮島依里が主演を務めた。脚本を、『草迷宮』『さらば箱舟』などの寺山修司監督作品を手掛けた岸田理生が担当した。

 金子監督は本上映に以下のようにコメントを寄せている。(編集部・石井百合子)

<金子修介監督コメント全文>
幸運な偶然が重なり、『1999年の夏休み』が30年ぶりに劇場再公開されることになりました。学生時代に萩尾望都さんの「トーマの心臓」の異国の美しい少年愛の物語世界に触発されながら、彼ら少年たちが少女にも見える瞬間があり、物語の骨子と主な登場人物の性格をお借りした「翻案」として萩尾さんの許しを得て、夏休みの寄宿舎に残された少年たちを少女が演じる世紀末の「近未来」の映画と して、人を好きになる瞬間、それは“性”を超越した永遠であるかのような“時間”と“空間”を作り上げたつもりです。外国の映画祭では「この映画はどこから来たのか?」と不思議がられました。ニューヨーク近代美術館(MOMA)では 1989年におけるニューディレクターニューフィルムに選出され(所蔵されているかどうかは不明)、アメリカでビデオも発売されました。(英語題名:Summer Vacation1999)この機会に新しい観客が目にしてくれるといいなと思っています。

『「1999年の夏休み」30th Anniversary デジタルリマスター版』は7月28日より K's cinema ほか全国順次公開

【関連情報】
【動画】『1999年の夏休み』デジタルリマスター版予告編
有村架純、中学生と禁断の恋に落ちる教師役
『君の名前で僕を呼んで』劇場記録更新!女性に人気
美女メイドの正体はあの美少年モデル!「王子様には毒がある。」コス驚異の完成度
「女子より可愛い!」美少年モデルの女装姿が話題に!
「おじゃる丸」実写化!美少年ゆうたろうが演じる

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >