2018/07/21 09:00

「BULL」女優降板 4年間温めた長編映画に着手

長編映画の監督に挑戦するため降板 - アナベル・アタナシオ Bryan Bedder / Getty Images for Entertainment Weekly and PEOPLE
長編映画の監督に挑戦するため降板 - アナベル・アタナシオ Bryan Bedder / Getty Images for Entertainment Weekly and PEOPLE

 テレビドラマ「BULL/ブル 法廷を操る男」で2シーズンにわたりケイブル・マックローリーを演じてきた女優のアナベル・アタナシオが第3シーズンを前に降板するとの声明を出したとThe Wrapなどが報じた。

 同ドラマは「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」のマイケル・ウェザリーが裁判科学のプロ、ドクター・ジェイソン・ブルを演じている法廷ドラマで、アナベルはコンピューターの達人ケイブルを演じてきた。今回の降板は映画監督の仕事とスケジュールが合わなかったためだという。

 「初の長編映画を監督する機会をもらったことに興奮しています。わたしが4年間温めてきたストーリーです。残念ながら、映画のスケジュールが『BULL/ブル 法廷を操る男』のケイブル役とぶつかってしまいます。この素晴らしい機会を逃さずに済むよう、CBSとプロデューサー陣は寛大にも番組を去ることを許してくれました。ケイブルでなくなるのは残念ですが、自分のキャリアの新しい章が始まることに興奮しています」とアナベルはつづり、素晴らしいスタッフとキャストと一緒に仕事ができたことは忘れないと言っている。

 アナベルは「BULL/ブル 法廷を操る男」のクリエイターでエグゼクティブプロデューサーでもあるポール・アタナシオの娘で、短編映画『フランキー・キープス・トーキング(原題) / Frankie Keeps Talking』など3作品を監督している。(澤田理沙)

【関連情報】
【写真】ドラマ「BULL/ブル 法廷を操る男」より
「NCIS」アビー女優降板理由にギブス俳優が関与か
ドラマ版「スノーピアサー」監督が降板
『クロウ/飛翔伝説』リメイク版、主演&監督がそろって降板!
「HAWAII FIVE-0」チン俳優、降板は揺るぎない自尊心を保つため
シャロン・ストーンの代役にデミ・ムーア

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >