2018/07/20 04:00

宮川大輔『アントマン&ワスプ』日本語版キャストに!

宮川大輔(上)と声を担当したFBI捜査官ウー(下) (C) Marvel Studios 2018
宮川大輔(上)と声を担当したFBI捜査官ウー(下) (C) Marvel Studios 2018

 マーベル映画『アントマン&ワスプ』の日本語吹き替えキャストとして、新たにお笑い芸人の宮川大輔が参加することが明らかになった。

 本作は、体の大きさを自在に変えることができる特殊なスーツを身にまとい、“アントマン”として戦う主人公スコット・ラングの姿を描いた『アントマン』の続編。アントマンが、さらに進化した新型スーツを身に着けたヒロインのホープ・ヴァン・ダイン/ワスプと共に、謎の敵“ゴースト”に立ち向かう。

 宮川が声優を担当するのは、アントマンを監視するFBI捜査官ウー。アントマン誕生の秘密が隠された研究所を狙うゴーストと戦うアントマンを、執拗に追いかけ回すキャラクターで、真面目過ぎる性格から空回りする場面もある。『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』で声優経験がある宮川だが、本作は標準語で演技をしなければならないことに苦労したという。「標準語が難しくて女の人の口調になってしまった時に、“今のいいですね!”と逆に乗せてもらって、ウーができていきました」とアフレコ時のエピソードを明かしている。
 
 自身が担当するキャラクターについては「熱い人だけど空回りしているところもあったり、間抜けなところもあって面白い人やと思いますね」と説明。本作には、同じくお笑い芸人の小杉竜一(ブラックマヨネーズ)が日本語吹き替えキャストとして名を連ねているが、宮川は「小杉はねぇ、別に……。映画でもあんまり見たことがないし」とコメントしつつ「でも小杉とやれて凄く嬉しかったです」と喜びをあらわにしている。

 なお、宮川、小杉のほか、本作の吹き替えキャストとして、前作から引き続き女優の内田有紀がホープ/ワスプの声を担当している。(編集部・倉本拓弥)

映画『アントマン&ワスプ』は8月31日より全国公開

【関連情報】
【動画】映画『アントマン&ワスプ』予告編
内田有紀&ブラマヨ小杉、キャラの成長に笑顔 『アントマン&ワスプ』イベント
『アベンジャーズ4』は本当の終わりに…マーベル社長語る
『アントマン&ワスプ』監督が語るアントマンの親しみやすさとは?
マーベル映画はなぜ年3本公開に?社長が理由明かす
マーベルスタジオ社長、MCUの女性ヒーロー増加を検討中!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >