2018/07/24 14:32

「バフィー~恋する十字架~」黒人の主人公でリブート企画中

写真は「バフィー~恋する十字架~」シーズン1より WB Television / Photofest / ゲッティ イメージズ
写真は「バフィー~恋する十字架~」シーズン1より WB Television / Photofest / ゲッティ イメージズ

 サラ・ミシェル・ゲラー主演のテレビドラマ「バフィー~恋する十字架~」が、黒人の主人公でリブートを企画中だと The Wrap などが報じた。

 脚本・製作総指揮・製作総責任者を務めるのは、テレビドラマ「エージェント・オブ・シールド」の脚本家で、「ミッドナイト、テキサス(原題) / Midnight, Texas」のクリエイター、モニカ・オウス=ブリーン。ジョス・ウェドン、フラン・ルーベル・クズイ、葛井克亮、ゲイル・バーマンもエグゼクティブプロデューサーとして参加するという。

 プロデューサー陣によると、新番組は多様性に富み、オリジナルシリーズがそうであったように、今、われわれが直面している課題を比喩的に描く要素を取り入れるという。一方、まだ脚本もない段階のため、細かい部分は流動的だとも言っている。

 「バフィー~恋する十字架~」は1997年から7シーズンにわたりアメリカで放送された人気ドラマで、エンジェル役のデヴィッド・ボレアナズ主演のスピンオフ「エンジェル」も5シーズンにわたり放送された。同作でクリエイターとしての地位を確立したジョスは、その後、「エージェント・オブ・シールド」、映画『アベンジャーズ』シリーズなどを手掛けている。(澤田理沙)

【関連情報】
【写真】「バフィー~恋する十字架~」主演のサラ・ミシェル・ゲラー
スカヨハ、批判殺到で降板…トランスジェンダーの男性役
『スター・ウォーズ』アジア系女優、誹謗中傷に耐え切れずインスタ全投稿を削除か…応援の輪が広がる
「ウォーキング・デッド」リック役アンドリュー・リンカーンが自ら卒業発表
ブラックパンサー俳優、もともと俳優になるつもりはなかった
黒人蔑視発言でクビになった俳優の代役決定

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >