2018/07/23 16:06

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督解雇、クリス・プラットら共演者がTwitterで反応

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の監督を解雇されたジェームズ・ガン監督 David M. Benett / Getty Images
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の監督を解雇されたジェームズ・ガン監督 David M. Benett / Getty Images

 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手掛けてきたジェームズ・ガンが、同シリーズ第3弾の監督を解雇されたことについて、クリス・プラット、ゾーイ・サルダナら出演者が、それぞれ公式Twitter上でコメントを発表した。

 ガン監督は、2008年~2012年頃にかけて自身のTwitter上に、小児性愛やレイプなどをジョークにした内容のツイートを投稿。右派のコメンテーターのジャック・ポソビエック氏は、それらが不適切であるとして、現地時間20日、問題となった監督のツイートを拡散し物議を醸した。同日、米ウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長は、『ガーディアンズ』第3弾からガン監督を解雇したと公式発表している。

 この報道に対して、『ガーディアンズ』シリーズに出演する俳優陣は、続々とTwitter上でコメントを発表。スター・ロード役のクリスは、現地時間22日、新約聖書内の「ヤコブの手紙」第1章19節を引用したツイートで報道に反応している。ツイートには祈りを捧げる絵文字と共に、ハートマークが添えられている。「愛する兄弟たちよ。このことを知っておきなさい。人はすべて、聞くに早く、語るにおそく、怒るにおそくあるべきである」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >