2018/07/24 11:00

神木隆之介、「ほん怖」に14年ぶり出演!

う、うしろ…… (C) フジテレビ
う、うしろ…… (C) フジテレビ

 俳優の神木隆之介が、8月18日に放送される土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 −夏の特別編2018−」(フジテレビ)に出演することが明らかになった。神木にとって、約14年ぶりの「ほん怖」出演となる。

 「ほんとにあった怖い話」(通称:「ほん怖」)は、1999年に放送がスタートしたオムニバス形式の実録心霊ドラマ。日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験をドラマで再現し、稲垣吾郎をナビゲーターとした“ほん怖クラブ”のメンバーたちが、スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが定番となっている。

 毎回、豪華な顔ぶれが出演することも話題の同番組。2004年1月放送の「深夜の鏡像」にも出演していた神木は、「毎年観ていますし、夏と言えば『ほん怖』ですよね。14年前に出演しその時以来になるので、今回お話を伺った時、とてもうれしかったです」と出演決定時の感想を語っている。

 今回、神木が登場するドラマのタイトルは「見えない澱」。神木演じる不動産会社に勤める佐々木裕介のもとに、ある日、大学時代の同級生・井口真梨恵(内田理央)が訪ねてきて、駒田和哉(岡山天音)と一緒に住む物件を探してほしいという。条件に見合う物件が見つからず、和哉は裕介に事故物件の紹介を依頼する。その部屋は、以前クローゼットの中で男が首を吊っていたのだった。数か月たったある日、真梨恵はやつれ、和哉の様子に異変を感じていた。(編集部・小山美咲)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >