2018/07/25 19:30

塚本晋也『斬、』ベネチア・コンペ出品!池松壮亮&蒼井優も感激【第75回ベネチア国際映画祭】

金獅子賞の行方に注目! (C) SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
金獅子賞の行方に注目! (C) SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

 主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、塚本晋也監督が初めて時代劇に挑んだ新作映画『斬、』(ざん)が、来月開幕する第75回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが決定した。

 カンヌ、ベルリンと並んで世界三大映画祭に数えられるベネチア国際映画祭と塚本監督の縁は深く、『六月の蛇』(2002)ではコントロ・コレンテ部門(現・オリゾンティ部門)で審査員特別大賞、『KOTOKO』(2011)でオリゾンティ部門の最高賞にあたるオリゾンティ賞を受賞。メインコンペティションへの出品は、『鉄男 THE BULLET MAN』(2009)、前作『野火』(2014)に続く3度目となる。

 「初めての時代劇とともにベネチアの地を踏めるのがうれしい」と感慨深げな塚本監督は、「行く、というより、帰ってきた、と思わせてくれる映画祭。池松さん、蒼井さんらの素晴らしい演技を見ていただけるのが、一番の喜びです。同時に、今を生きる人たちの心に、鋭い刃を突きつけたいと思っています」と意気込み。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >