2018/07/25 22:00

ハリウッド実写版「銃夢」12.21公開!新予告も

サイボーグに立ち向かうアリータ! -写真は映画『アリータ:バトル・エンジェル』 (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
サイボーグに立ち向かうアリータ! -写真は映画『アリータ:バトル・エンジェル』 (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 木城ゆきとのSF漫画「銃夢」をハリウッドが実写化した『アリータ:バトル・エンジェル』の日本公開日が12月21日に決定し、併せて新予告も公開された。

 予告編は、荒廃した世界の映像から始まり、作品の舞台となる近未来が映し出される。過去の記憶がないアリータは困惑しつつも、新たな仲間と出会い、そして新たなボディーを発見する。自分が何者かを探し続けるアリータの葛藤と覚悟が伺えつつ、彼女の秘密を握る謎の男ベクターの存在や、彼女が迫りくる殺人サイボーグたちに立ち向かっていくアクションシーンも見どころとなっている。

 本作は、『タイタニック』『アバター』を手掛けたジェームズ・キャメロンが脚本・製作を担当し、『シン・シティ』シリーズのロバート・ロドリゲスが監督を務める。キャメロンは、24日にYouTubeなどで世界32か国に配信された本作のQ&Aセッションにおいて、「原作は、斬新で創造的で最先端、美しく、恐ろしく、驚異的だ。木城さんが作った世界を映画に収まる範囲で最大限映画にした」と原作の世界観に触れていた。

 主人公アリータをモーションキャプチャーで演じたのは『メイズ・ランナー:最期の迷宮』のローサ・サラザール。共演に、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリが名を連ねる。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
【動画】『アリータ:バトル・エンジェル』新予告
ハリウッド版「銃夢」フッテージ映像が公開!製作秘話も明らかに
『アバター』続編はゴッドファーザー的作品に!
ジョージ・ルーカス、幻のスター・ウォーズ3部作構想を明かす「ファンは嫌悪したはず」
『ザ・プレデター』は血まみれ&ユーモア満載の映画に!コミコンでバトル映像公開
ロボコップ続編『第9地区』監督で製作決定!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >