2018/07/29 11:30

『ジュラシック・ワールド』頭突き恐竜スティギーが可愛い!ファン急増中

ニューフェイスの“スティギー” (C) Universal Pictures
ニューフェイスの“スティギー” (C) Universal Pictures

 公開中の映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に登場する新恐竜スティギモロクの“スティギー”の可愛らしさに魅了されたファンが続出している。

 『ジュラシック』シリーズ新3部作の第2弾にあたる本作。これまで、同シリーズからT-レックスやブルーといった人気恐竜が誕生してきたが、本作では堅頭竜スティギモロクのスティギーが注目を浴びている。

 スティギーは、巨大なドーム型の頭蓋骨を駆使して特技の頭突きをかましまくる恐竜。大型の恐竜たちに比べると小さめのサイズで、その愛らしさに「とってもキュート」「スティギーの活躍に胸アツ!」とファンが急増している。出演者のブライス・ダラス・ハワードもその一人で、「スティギー、本当にかわいいわよね!」とメロメロだ。

 製作総指揮・脚本を務めたコリン・トレヴォロウは、新登場の恐竜はすべてお気に入りだといい、「カルノタウルスには心が躍ったね。他にはバリオニクス、スティギモロクも大好きだ! それぞれの恐竜は、実は『ジュラシック・ワールド』の時に登場させたかった恐竜なんだけれど、入り切らなかった恐竜たちなんだ」と語っている。

 『ジュラシック・ワールド』の続編となる本作では、火山噴火が迫る島から恐竜を救い出そうとするオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス)の冒険が描かれる。13日に日本公開を迎え、週末の観客動員ランキングで2週連続1位に輝くヒットを飛ばしている。(編集部・吉田唯)

【関連情報】
【動画】とってもキュート!スティギー登場シーン
クリス・プラット、撮影現場で“ナイスガイ”な理由が素敵すぎ!
『ジュラシック・ワールド』最新作、人類の超えてはいけない一線を描く!
『ジュラシック・パーク』少女レックス役の女優 大人になった25年後の姿が話題に
『アベンジャーズ4』は本当の終わりに…マーベル社長語る
『ロード・オブ・ザ・リング』ドラマ化、製作費は1,000億円以上に

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >