2018/07/31 05:00

藤原竜也、初のスパイ役 『海猿』監督が吉田修一小説を映画&連ドラ化

藤原竜也、『海猿』羽住英一郎監督と初タッグ!
藤原竜也、『海猿』羽住英一郎監督と初タッグ!

 『悪人』『怒り』など映像化が相次ぐ吉田修一のスパイ小説シリーズが、藤原竜也主演により映画化、WOWOWで連続ドラマ化されることが31日、併せて発表された。藤原にとって、吉田原作作品の出演は2010年公開の映画『パレード』(行定勲監督)に続いて2度目となり、スパイを演じるのはこれが初。映画、ドラマともに『海猿』『MOZU』シリーズなどの羽住英一郎が監督を務め、いずれも2020年の公開、放送を予定している。

 映画化されるのは、吉田修一のスパイ小説“鷹野一彦”シリーズ3部作のうち「太陽は動かない」「森は知っている」。ドラマでは、原作者の吉田監修のもと、鷹野一彦を主人公にしたオリジナルストーリーを展開するという。

 藤原が演じる鷹野は、世界を股にかけながら国政や企業の裏で暗躍し、そこで得た重要機密事項や情報から対価を得ることを生業とする産業スパイ組織の諜報員。革新的太陽光エネルギー開発技術を巡って各国が情報争奪戦を繰り広げる中、日本政財界を揺るがす陰謀に巻き込まれていくさまが描かれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >