2018/07/31 18:00

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』シリーズ最高興収で首位デビュー!評価もシリーズ最高【全米ボックスオフィス考】

さすがトム! - 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』より (c) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
さすがトム! - 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』より (c) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 先週末(7月27日~7月29日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、トム・クルーズ主演の人気アクションシリーズ第6弾『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が興行収入6,123万6,534ドル(約67億円)で首位デビューを果たした。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 これはシリーズが1996年に始まってから最高のオープニング興収。2000年公開の第2弾『M:I-2』が打ち立てた記録(オープニング興収5,784万5,297ドル・約64億円)を、6作目にして更新する快挙となった。大手批評サイト「ロッテントマト」での批評家の支持率はシリーズ最高となる97%で、出口調査による満足度で格付けを行うシネマスコアもシリーズ最高の「A」評価を記録しており、息の長い興行が望めそう。監督はシリーズ初の続投となったクリストファー・マッカリー。

 5位には、DCコミックスのスーパーヒーローチームを描いたアニメーション番組の劇場版『ティーン・タイタンズGO! トゥ・ザ・ムービー(原題) / Teen Titans Go! To The Movies』が興収1,041万1,189ドル(約11億5,000万円)で初登場。興収は振るわなかったが、製作費は1,000万ドル(約11億円)に抑えていたためそこまで悲観しなくてもいいだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >