2018/08/04 17:01

『未来のミライ』制作の裏側をプロデューサーが明かす!細田守監督は発熱で欠席

こうして『未来のミライ』は作られた!
こうして『未来のミライ』は作られた!

 現在公開中の映画『未来のミライ』の細田守監督が発熱のため、デジタルハリウッド大学の駿河台キャンパスで4日に開催されたイベント「映画『未来のミライ』細田守監督に聞く!デジタルがひらくこどもアートの世界」を欠席。細田監督と二人三脚で作品を作り出してきたスタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサーが代役として出席し、制作の裏側を語った。

 登壇予定だった細田監督は残念ながら体調を崩してしまい、欠席。この日の参加者は子どもが多く、子どもたちに風邪をうつしてはいけないとの配慮からだという。イベントにはほかに、『未来のミライ』をはじめとする細田作品にCGディレクターとして参加してきたデジタル・フロンティアの堀部亮氏も出席した。

 『未来のミライ』は98分の上映時間で918カットとなる。『バケモノの子』は1,600カット以上あったそうで、それに比べるとだいぶ少ないカット数となったが、それでもワンカットの尺が長く、その積み上げが大変な作業だったという。「キャラクターは鉛筆と紙、背景は絵の具と絵筆で描いています。もともと細田監督は画家になりたかった人で、油絵をやっていたんですよ」と明かした齋藤プロデューサー。「本作は手描きとデジタルのハイブリッドで作られています。デジタルと手描きで、絵筆を変えるような感じで自分が持っているイマジネーションを実現しているんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >