2018/08/06 23:02

27歳の新鋭監督、全編PC画面で展開する異色作を語る

左からアニーシュ・チャガンティ監督、共同脚本家のセブ・オハニアン、俳優のジョン・チョー
左からアニーシュ・チャガンティ監督、共同脚本家のセブ・オハニアン、俳優のジョン・チョー

 映画『スター・トレック』シリーズでヒカル・スールーを演じてきたジョン・チョーが、新作『search/サーチ』(10月26日 日本公開)について、7月25日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで、アニーシュ・チャガンティ監督、共同脚本家セブ・オハニアンと共に語った。

 本作は、行方不明となった娘を探すため、父親が娘のSNSを頼りに捜索を試みるさまを描くサスペンススリラー。高校生の娘が、突如姿を消してしまったデヴィッド(ジョン)は、警察に捜索願を出すも、捜査が難航したことから、娘のPCを通して彼女のSNSにアクセスを試みる。だが、画面に映し出された彼女は、デヴィッドが見たこともない姿だった。今作で長編監督デビューを果たしたチャガンティ監督がメガホンを取った。

 本作の脚本を執筆する機会を与えられたとき、チャガンティ監督と共同脚本家のセブは、あまり乗り気ではなかったという。「これまでコンピューターのスクリーンを中心に展開する映画を観てきて、もちろん気に入った作品もあったけれど、それらと似たようなことはやりたくなかったんだ。そうなると、全くの白紙状態から始めなければいけないことになる。それがわかっていたからね」とセブ。彼らは二人で脚本とは別のルールを決め、トリートメント(物語の概要)と脚本を含めたScriptmentというものを完成させ、俳優やスタッフにそれを読んでもらうことにしたそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >