2018/08/07 10:05

「マインクラフト」映画化、監督が降板 公開日も変更へ

全世界で大人気のゲーム「Minecraft(マインクラフト)」 Christian Petersen / Getty Images
全世界で大人気のゲーム「Minecraft(マインクラフト)」 Christian Petersen / Getty Images

 米ワーナー・ブラザースが製作を進める大人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」の実写映画化から、監督・共同脚本を担当するロブ・マケルヘニーが降板したと The Wrap が独占で報じている。監督降板を受けて、全米公開日も当初の2019年5月24日から変更となる可能性が出てきている。

 Minecraftは、ブロックでできた世界を舞台に、さまざまな材料をもとにアイテムを製作したり、冒険することができるゲーム。2011年にスウェーデンのゲーム会社 Mojang AB が発表して以降、PlayStation(R)4やスマートフォンなどのハードにも移植され世界中で大ヒットを記録。日本でも「マイクラ」の名称で親しまれており、YouTubeのゲーム実況動画などが話題を呼んでいる。

 監督・共同脚本を降板したマケルヘニーは、同サイトに対して「あれ(実写映画化)は起こらない」とコメント。降板について、具体的な理由は明かしていない。米ワーナーは、新たな脚本家として、監督しても活躍するアーロン・ニー&アダム・ニー兄弟を起用。既に『ワンダーウーマン』のジェイソン・フックスが執筆していた脚本に加筆する形ではなく、新たに脚本を作り直すという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >