2018/08/06 17:11

『万引き家族』アジアでも大ヒット!中国では実写邦画で今年No.1オープニング興収

祝大ヒット! - 映画『万引き家族』より (C) 2018『万引き家族』 製作委員会
祝大ヒット! - 映画『万引き家族』より (C) 2018『万引き家族』 製作委員会

 日本国内で5日までに興行収入42億7,000万円、約349万人の動員を記録した是枝裕和監督作『万引き家族』が、アジアでも旋風を巻き起こしている。3日から中国全土約6,000スクリーンで公開されると興収約7億9,000万円を上げ、週末興行成績で第4位にランクインする大ヒットスタートを切った。(数字は配給調べ)

 これは今年中国で公開された実写邦画で最高のオープニング成績。これまで記録を保持していたのは、2月2日に公開された『ナミヤ雑貨店の奇蹟』でオープニング興収は約2億6,000万円だった。6月23日に行われた上海映画祭での公式上映には是枝監督、松岡茉優、城桧吏くんが参加し、7月31日にもリリー・フランキーと佐々木みゆちゃんが訪中、熱烈な歓迎を受けて多くのメディアで取り上げられた。中国の映画サイトのレビューでも高評価を得ており、今後も順調な興行を続けることが期待されている。

 そのほか香港(7月5日公開)では同じく是枝監督の『そして父になる』対比156%というオープニング成績、台湾(7月13日公開)でも『そして父になる』の成績を2倍以上も上回る成績をたたき出した。7月26日より公開となった韓国でも、ミニシアターランキングで1位を獲得。落ちの少ない興行を続けてすでに累計9万人を動員しており、『そして父になる』(12万人動員)を超える勢いをみせている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >