2018/08/07 07:00

安達祐実が悩めるシングルマザー役!吉岡里帆主演「ケンカツ」4話

心に葛藤を抱えるシングルマザーにふんした安達祐実 (C) カンテレ
心に葛藤を抱えるシングルマザーにふんした安達祐実 (C) カンテレ

 吉岡里帆が主演を務めるドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(カンテレ、フジテレビ系)の第4話(7日放送)に安達祐実が出演することが明らかになった。安達は、心の中に葛藤を抱えたシングルマザーの岩佐朋美を演じる。

 柏木ハルコの人気コミックを原作とする同ドラマでは、生活保護受給者たちに寄り添う東区役所生活課の義経えみる(吉岡)らケースワーカーたちの奮闘が描かれる。第4話では、シングルマザーの朋美(安達)が登場。えみるの同期である七条(山田裕貴)が担当する彼女は、6歳の娘の育児にも前向きで働く意欲も高い女性。だが、気丈に振る舞う裏では「自分はこんなはずじゃない」「早く働かなければ」と焦る別の顔を持っていた。

 シングルマザーの女性を演じた安達は「ここまでいかなくても、金銭面とか、誰にも協力を頼めないときとか、子育てしていると共感できるなと思うところがありました。自分の中に理想の母親像があるのに、そうなれていない、子どもに対する申し訳なさや、かわいそうなことをしてしまっているという罪悪感……。母親っていろいろ背負って生きているんです」と自身も母親である安達は、演じながら思うところが多くあったようだ。

 頑張るすべてのお母さんへの応援歌でもあるという第4話。えみると七条、えみるらの上司の京極(田中圭)らは、それぞれが異なる思いを抱えながら、正解のない問題に挑んでいく。彼らがどのようにチームワークを発揮して朋美を救いだすのかが注目される。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」第4話はカンテレ・フジテレビ系にて8月7日21時より放送

【関連情報】
山田裕貴、田中圭らの熱い姿!第4話の場面写真
おっさんずラブのスタッフが再びBLを演出!「婚外恋愛に似たもの」
ドラマで主婦役の安達祐実、周りが「家なき子」のイメージ捨ててくれた
SPECシリーズ新作は「サトリの恋」!新婚・真野恵里菜が感慨
高橋一生、KYで変わり者の大学講師に!ドラマ「僕らは奇跡でできている」主演
三谷幸喜、新作は政界コメディー!『記憶にございません!』

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >