2018/08/09 16:05

『ダークナイト』公開から10年!映画にまつわるトリビア10選

ヒース・レジャーさんの名演技は、今も語り継がれている Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ
ヒース・レジャーさんの名演技は、今も語り継がれている Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ダークナイト』が本日、2008年8月9日の日本公開から10周年を迎えた。ゴッサムシティを舞台に、バットマンと宿敵ジョーカーの死闘を描き、全米累計興行収入は約5億3,000万ドル(約583億円)を記録。全米歴代興収ランキングでも第10位にランクインし、傑作として現在も人気を集める本作にまつわる10個のトリビアを、ジョーカーを演じたヒース・レジャーさんのエピソードを中心に紹介する。(数字はBox Office Mojo調べ・1ドル110円計算)

1.“ジョーカー日記”の存在

 ヒースさんがジョーカーを演じた際にキャラクターの特徴やイメージ画像を書き記した、いわゆる“ジョーカー日記”が存在する。ヒースさんのドキュメンタリー「Heath Ledger: Too Young To Die」で、父親キムさんがその一部を公開しており、原作コミックの一部分やピエロの写真がスクラップされていることが確認できる。ヒースさんが他にどのようなことを記していたのか、気になるところ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >