2018/08/10 07:00

成田凌『ビブリア古書堂の事件手帖』に出演!

大人のモテ男! (C) 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会
大人のモテ男! (C) 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

 俳優の成田凌が、11月1日に公開される映画『ビブリア古書堂の事件手帖』に出演していることが発表された。黒木華と野村周平がダブル主演を務めた作品で成田は、栞子(黒木)の同業者で漫画専門のネット販売を行う青年・稲垣を演じる。

 ヒット中の『劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』にも出演している成田。黒木と野村との共演については次のように振り返っている。

 「黒木さんは、ご本人がお持ちの雰囲気に加えて、男前でかっこよく、力強さを持っている方。周平は、あんな俳優見たことないですね。彼とは同い年ですが、 誰に対してもフラットで、いるだけで現場がすごく明るくなるし、愛おしいやつです」。

 成田は稲垣の人物像のイメージについてメガホンを取った三島有紀子監督から詩人・中原中也とイギリスのバンド・ジャミロクワイの名前を伝えられており、稲垣は飄々(ひょうひょう)としながらも紳士的で、優しさと余裕をあわせ持つ大人のモテ男というキャラクターだという。

 本作は三上延による人気ミステリー小説シリーズを実写映画化した作品。古書店「ビブリア古書堂」の店主・栞子(黒木)と無骨な青年・大輔(野村)が、古書にまつわる謎を解き明かす。栞子と稲垣(成田)の出会いは、古書の「市場」である交換会で、稲垣から栞子に声をかけたところから始まる。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
『ビブリア古書堂の事件手帖』公式サイト
【写真】『ビブリア古書堂の事件手帖』での成田凌
黒木華×野村周平『ビブリア古書堂』特報映像!東出昌大&夏帆も出演
成田凌、怒られる映像に「恥ずかしい」と笑顔
『コード・ブルー』2週連続1位!『ミッション:インポッシブル』新作は2位
吉田羊&大久保佳代子、野村周平の“人たらし”ぶり明かす

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >