2018/08/15 23:01

等身大の少女を描いたサンダンス映画祭の話題作、監督らが語る

左からボー・バーナム監督、ジョシュ・ハミルトン、エルシー・フィッシャー
左からボー・バーナム監督、ジョシュ・ハミルトン、エルシー・フィッシャー

 今年のサンダンス映画祭の話題作『エイス・グレイド(原題)/ Eighth Grade』について、俳優のエルシー・フィッシャー、ジョシュ・ハミルトン、監督のボー・バーナムが、7月20日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は、13歳の少女の8年生(Eighth Grade)の最後の1週間を描いた青春映画。シングルファーザーのマーク(ジョシュ)と暮らす13歳のケイラ(エルシー)は、真面目でおとなしい少女。ようやくできた友達との関係に悩んだりしていたある日、クラスメイトに誘われたパーティーで、密かに想いを寄せるエイデン(ルーク・プラエル)が彼女と別れたことを知り、彼の気を引く行動を取り始める。俳優としても活躍するボー・バーナムの長編初監督作品。

 リアルな学生を描こうとか、今の13歳とは? というものを描こうとかしたわけではなく、等身大の年齢の俳優を起用し、セットでありのままで居てもらっただけだと語るバーナム監督。監督自身が8年生の頃は、ビデオを作っていたそうで、「その当時の僕はシャイではなかったけれど、気取った感じのルーザーだったんだ。高校生の後半くらいまで何も懸念していなかったし、大人になるまで花咲くこともなかったよ」と当時を振り返る。また、ただ8年生の学生を描いたのではなく、自身が今感じていることを投影し、ケイラに見いだしているのだと語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >