2018/08/13 05:25

2018年上半期洋画1位は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 - 上半期洋画ランキング

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より (C)Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より (C)Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 2018年上半期(2017年冬~2018年6月公開作品)の上半期外国映画作品別興行収入ベストテンが文化通信社より発表され、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が興収75億円(以下、数字は一部推定)を記録し、上半期1位を獲得した。125億円を超えた『美女と野獣』を筆頭に、上位8作品が40億円超えとなった昨年度に比べると、今年は全体的な洋画の興収が伸び悩んだ印象があるが、それでも上位5作品は30億円超えを果たしている。

 2017年12月15日に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は全国377劇場・937スクリーンで公開。初週の土日2日間で動員73万7,467人、興収11億2,580万円を記録。新シリーズに入って初めて動員・興収ともに初登場1位を飾り、5週連続でトップを走った。2作連続の100億円突破作品とはならなかったものの、その後も11週連続でベストテン入り。見事2018年上半期ナンバーワン作品に輝いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >