2018/08/11 08:15

『コード・ブルー』10年の集大成!感涙するファンが続出中

劇場版『コード・ブルー』 (C) 2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会
劇場版『コード・ブルー』 (C) 2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

 大ヒット中の映画『劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』(公開中)について、SNSなどでは「号泣した」「感動した」といったコメントが数多く寄せられている。それらの反響から、多くの観客の心を惹きつけた理由に迫る。

■10年続くシリーズの魅力

 本作は、救急用のドクターヘリに乗り込むフライトドクターたちの姿を描いた人気テレビドラマ「コード・ブルー」シリーズ初の劇場版。ドラマの1stシーズンは、10年前の2008年に放送が開始された。ドラマでは、フライトドクターとして未熟だった藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)、フライトナースの冴島はるか(比嘉愛未)たちが、10年の年月を経て成長。映画を観たファンからは、「成長半端ない」「10年の集大成」「ジーンとくる」といった声が続出している。

■山下智久、4年ぶりの映画主演

 同シリーズで主演を務めている山下は、2014年の『近キョリ恋愛』以来4年ぶりの映画主演。2016年に公開された伊藤英明主演の『テラフォーマーズ』から約2年ぶりの映画出演を果たした。映画館のスクリーンで活躍している山下の姿を観たファンは、「カッコイイ」「キュンキュンした」と好意的な意見ばかり。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >