2018/08/15 17:42

のん『この世界の片隅に』別バージョンに、大人のすずさんを掘り下げたい

映画『この世界の片隅に』夏の再上映舞台あいさつに登壇したのん
映画『この世界の片隅に』夏の再上映舞台あいさつに登壇したのん

 女優ののんが15日、都内・テアトル新宿で行われた映画『この世界の片隅に』夏の再上映舞台あいさつに、片渕須直監督と共に登壇。2016年11月12日に公開されて以来、642日もの間、一日も途切れず劇場上映されてきたことへの感銘とともに、新規シーンを追加して今年12月に公開される別バージョンへの思いを明かした。

 のんは、2016年11月に初日舞台あいさつが行われたテアトル新宿の地に立って以来、約2年にわたって作品に携わっていることに「こんなに長く皆さんに愛される作品は、世界中のどこをみてもないと思います」と感慨深げ。「とても貴重な体験」と破顔すると、終戦後、すずの感情が溢れ出るシーンを述懐。片渕監督やスタッフが感情をしっかり作れるよう、真摯に向き合ってくれたことに感謝を述べていた。

 また本作は、約30分の新規シーンを追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』というタイトルで別バージョンが上映されることが決定している。先月、その特報が公開され反響を呼んだが、収録に臨んだのんは「(すずを演じてから)期間があいていたので、役柄に入り込めるか不安だった」と胸の内を明かす。しかし録音ブースに入ると自然とすずに入り込むことができ「手ごたえを感じた」と自信をのぞかせていた。

 特報を観た原作者のこうの史代が「今までにない、大人のすずさんだった。すごく良かった」と感想を述べていたことを片渕監督から聞いたのんは「本当に嬉しい。そう言っていただけるとありがたいです」と満面の笑み。今後、行われるアフレコに対して「こうの先生がおっしゃるように、大人のすずさんを片渕監督ともっと掘り下げていけたら」と抱負を語っていた。(磯部正和)

【関連情報】
【動画】新規場面約30分追加!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報
のん『この世界の片隅に』で変わったこと…長尺版には愛憎劇も
「この世界の片隅に」松本穂香ヒロイン抜擢の理由
「この世界の片隅に」村上虹郎、原作への思い
口コミ効果?『この世界の片隅に』ヒットの理由
上白石萌音、松岡茉優らアニメ声優に挑戦する若手女優たち

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >