2018/08/19 21:00

故ダイアナ元妃とチャールズ皇太子を描くドラマ、白紙に

ドラマが白紙に…チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃(1983年撮影) Tim Graham / Getty Images
ドラマが白紙に…チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃(1983年撮影) Tim Graham / Getty Images

 数々の賞を獲得したライアン・マーフィーのテレビドラマ「フュード/確執 ベティ vs ジョーン」の第2シーズンが白紙に戻ったと The Hollywood Reporter などが報じた。

 キャストや題材が変わるアンソロジーシリーズ「フュード/確執」は、第2シーズンで故ダイアナ元妃とチャールズ皇太子を取り上げることが発表されていたが、内容がしっくりこないとの理由から白紙に戻されたという。

 「現段階では休止状態です」とFX局のCEOジョン・ランドグラフはコメント。「キャストも決まっていましたが、素材がしっくりこなかったので進めないことにしました」と語っている。うわさでは、「ダウントン・アビー」のヘンリー・タルボット役で知られるマシュー・グードがチャールズ皇太子を、『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクがダイアナ元妃を演じると言われていた。

 ライアンは今年4月に、物語はチャールズ皇太子とダイアナ元妃が離婚することを決めたところからスタートすると説明。「二人のストーリーは離婚申請をしたところから始まる。おとぎ話が崩れ去る痛みを描く。特にダイアナにとってね。離婚申請からスタートし、彼女の死までを追う」と語っていた。番組自体はキャンセルされておらず、ライアンの意向を待っているようだ。

 ライアンはNetflixと5年契約を結んでおり、Netflixの看板番組の一つである「ザ・クラウン」の新シーズンにダイアナ元妃とチャールズ皇太子が登場する予定。ランドグラフは、これが題材を白紙に戻した理由ではないとしている。(澤田理沙)

【関連情報】
【写真】ダイアナ妃を演じると言われていたロザムンド・パイク
101歳の大女優の訴え、棄却
デート番組の裏側を描いた米ドラマ「UnREAL」シーズン4で終了
「BULL」女優降板 4年間温めた長編映画に着手
ジョニー・デップ新作、公開が突然白紙に…撮影現場での暴行疑惑も
トランスフォーマー新作、全米公開予定が白紙に

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >