2018/08/17 19:00

生田斗真、PFFコンペ最終審査員に!5名発表

左から佐藤公美(映画プロデューサー)、大九明子(映画監督)、佐藤信介(映画監督)、冨永昌敬(映画監督)、生田斗真(俳優)
左から佐藤公美(映画プロデューサー)、大九明子(映画監督)、佐藤信介(映画監督)、冨永昌敬(映画監督)、生田斗真(俳優)

 俳優の生田斗真が、9月8日に開幕する「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のコンペティション部門「PFFアワード」において、入選18作品を審査する最終審査員に決定した。その他の審査員に、映画監督の佐藤信介、大九明子、冨永昌敬、映画プロデューサーの佐藤公美。

 「PFFアワード」は、本映画祭のメインプログラム。若手映画監督の登竜門として知られ、これまでに石井岳龍、黒沢清、園子温、橋口亮輔、塚本晋也、矢口史靖、李相日、荻上直子、石井裕也、山戸結希ら120名を超えるプロの映画監督を輩出してきた。

 最終審査員は、529本の応募から入選を果たした18作品を審査し、9月20日の表彰式でグランプリ他各賞を発表。21日、22日に各受賞作品が上映される。なお、審査員は映画監督を含むクリエイターが務め、毎年異なる顔ぶれで編成される。

 今年は、瑛太と共演したサスペンス『友罪』が記憶に新しい生田斗真のほか、『いぬやしき』『BLEACH』が相次いで公開された佐藤信介監督、松岡茉優主演作『勝手にふるえてろ』の大九明子監督、『素敵なダイナマイトスキャンダル』『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬監督、11月9日公開の趣里主演作『生きてるだけで、愛。』アソシエイトプロデューサーの佐藤公美が最終審査員を務める。

 チケットは8月18日発売。(編集部・石井百合子)

「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」は、9月8日から22日まで国立映画アーカイブにて開催※月曜休館

【関連情報】
「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」オフィシャルサイト
【写真】昨年のグランプリ受賞作
「PFF」グランプリは24歳の女性監督!李相日監督絶賛
坂本龍一が大絶賛!史上最年少、20歳でベルリン映画祭に出品の女性監督作が公開決定!
瑛太、生田斗真とどっちが好き?大学生に直球質問
生田斗真、MC初挑戦!大河のため肉体改造も報告

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >