2018/08/20 21:05

セス・ローゲン、“金正恩暗殺”映画はトラウマ

『ジ・インタビュー(原題)』の経験はトラウマ - セス・ローゲン Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images
『ジ・インタビュー(原題)』の経験はトラウマ - セス・ローゲン Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 北朝鮮・金正恩第1書記の暗殺を題材にした映画『ジ・インタビュー(原題) / The Interview』に対する報復として、2014年にハッカーグループ「ガーディアンズ・オブ・ピース」が起こしたとされる米ソニー・ピクチャーズに対するハッキング事件。主演・製作・監督を務めたセス・ローゲンだが、ソニーの重役たちが前もってサイバー攻撃の可能性を知っていたことから、自分のせいではないと思っているそう。

 ダックス・シェパードのポッドキャスト番組でセスは「僕が悪かったとは思っていないんだ、みんなが考えるほどはね。僕も参加していたミーティングで、ソニーのトップはハッキングの可能性を警告されていたにも関わらず、彼らは何の対策もしなかったし……自分のせいだったのかは分からないんだよ」とコメント。

 さらに「ソニーはずっとハッキングされていたし、ハッキングそのものは僕らが引き起こしたことじゃない。元々ソニーはハッカーから嫌われていることで有名だよ。1990年代、違法コピーCDでお金を稼いでいた人たちがいた時、ソニーは違法にCDをコピーするとコンピューターが壊れるっていうCDを作ったりしたから、常にハッカーから嫌われているんだ。プレイステーションがハッキングされるのもそれが原因だよ。ただただハッカーから嫌われる企業なんだ」と述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >