2018/08/22 21:42

横山裕、色白に劣等感「照明さんがざわつく」

横山裕
横山裕

 関ジャニ∞の横山裕が22日、都内で行われた映画『累−かさね−』完成披露試写会に登壇し、意外な劣等感を明かした。

 松浦だるまの人気漫画を実写映画化した本作。それぞれの欲望を満たすため、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える醜い累(芳根)と美しきニナ(土屋)が、次第に欲望と嫉妬心を抑えられなくなっていくさまを描く。この日のイベントには、土屋太鳳、芳根京子、檀れい、浅野忠信、佐藤祐市監督も来場した。

 横山が登場すると、ひときわ大きな黄色い歓声が会場を包み、横山は「こんばんは!」とご機嫌にあいさつ。横山演じる新進気鋭の舞台演出家・烏合零太は累とニナから思いを寄せられる役柄で、「プライベートと何ら変わりがない」と自身もモテ男であることを強調して笑いを誘いつつ、「こんな光栄なことはないな。ありがたいなと思いました」と感謝した。そして、「お二人の熱量が爆発していて、僕も圧倒されました」と土屋と芳根の演技力に舌を巻いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >