2018/08/25 11:06

高良健吾&行定勲監督、故郷・熊本への愛を語る

(左から)高良健吾、行定勲監督
(左から)高良健吾、行定勲監督

 俳優・高良健吾と行定勲監督が、24日に都内で行われた映画『うつくしいひと/うつくしいひと サバ?』のブルーレイ&DVD発売記念チャリティートークイベントに登壇。熊本の魅力発信を目的に、熊本にゆかりのあるキャストが集まってスタートし、震災前後の熊本の姿を記録することになった本連作の撮影を振り返り、故郷への思いを口にした。

 ともに熊本出身の2人。「僕はあんまり熊本愛はないんです。でも高良くんはすごくある」と控えめな行定監督に、高良は「一番長く住んでいる街は東京になりました。でもなんで熊本が好きなんだろう。やっぱり人が好き、仲間が好き。撮影で、自分は熊本について知らないことが多すぎると思いました」としみじみ。

 さらに「『サバ?』を作るときの監督の行動力、スピード感がすごかった」と感嘆する高良に、行定監督も「地震直後の風景を見て、震源地にも行きました。ガレキが残っているうちにこれを映像に残すべきだ、撮ることが重要だと思って、高良くんにも(スケジュールで)無理を言って」と熊本愛をにじませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >