2018/08/24 16:02

ハリウッド版デスノート、続編が進行中!

早くも続編が進行中! Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』独占配信中
早くも続編が進行中! Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』独占配信中

 日本の人気マンガ「DEATH NOTE」をハリウッドで実写化したNetflix映画『Death Note/デスノート』の続編が進行中であると、Hollywood Reporter が報じた。

 同サイトによると、Netflixコンテンツ最高責任者のテッド・サランドスは、映画の成功に手ごたえを感じており、すでに続編の製作に取り掛かっているという。また脚本に、人気ゲーム「モータルコンバット」の再映画化やリブート版『バイオハザード』など、複数の企画に参加している気鋭の脚本家グレッグ・ルッソが起用されたとも報じている。

 「DEATH NOTE」(原作・原案:大場つぐみ、作画:小畑健)は、名前を書くだけで人を殺すことができる「デスノート」を所有した主人公・夜神月(ライト)が、自らを“キラ”と名乗り、新世界を創造するため暗躍するさまを描く。

 ハリウッド版では、原作の通り主人公ライト・ターナー(ナット・ウルフ)と世界的な探偵L(キース・スタンフィールド)の攻防が描かれ、ヒロインの弥海砂(ミサ)にあたるミア・サットンや、ウィレム・デフォーが声を担当した死神リュークなど、お馴染みのキャラクターも登場。ホラーテイストのダークな世界観と、ハリウッドならではの過激な表現が用いられた。

 前作を手掛けたアダム・ウィンガード監督は、ゴジラとキングコングの激突を描く映画『ゴジラ vs. コング(原題) / Godzilla vs. Kong』のメガホンを取ることが決定しており、続役するのか不明。前作キャストが再び出演するのかも含め、詳細が気になるところだ。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
【動画】ハリウッドが実写化!映画『Death Note/デスノート』予告編
海外版『デスノート』監督、原作へのリスペクト
ハリウッド版『デスノート』、全て原作者チェック済み
「Netflixルーム」がJOYSOUND渋谷南口駅前店に登場
「機動戦士ガンダム」ハリウッドで実写映画化!サンライズ&レジェンダリーが発表
『バイオハザード』が早くもリブート?ジェームズ・ワンがプロデュース

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >