2018/08/27 11:00

ユダヤ人虐殺の首謀者、ハイドリヒ暗殺計画描く『ナチス第三の男』2019年1月公開

ポスタービジュアル (C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED - NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.
ポスタービジュアル (C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED - NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

 ユダヤ人大量虐殺の首謀者、ラインハルト・ハイドリヒと、彼を暗殺すべくプラハに送り込まれた二人の若き兵士の運命を描いたローラン・ビネの小説「HHhH プラハ、1942年」を映画化する『ナチス第三の男』が、2019年1月より公開されることが決定した。

 2014年本屋大賞翻訳小説部門第1位、フランスの文学賞・ゴングール賞最優秀新人賞受賞のベストセラー小説に基づく本作。冷徹極まりない手腕から、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぎ“金髪の野獣”と恐れられたナチス高官ハイドリヒ。かつて海軍兵士だった彼はいかにして恐ろしい人物に変貌し、どのような末路をたどったのか? ナチス政権に揺さぶりをかけた事件の真実に迫る。

 海軍の兵士だったハイドリヒは、女性問題で不名誉除隊を余儀なくされ、ナチ党に入党。諜報活動で頭角を現した彼は、瞬く間に党幹部へとのしあがり、150万人を超えるユダヤ人虐殺の首謀者として絶大な権力を手にしていく。一方、ハイドリヒの暴走を阻止すべく、チェコ亡命政府によって選抜された2人の若き兵士がプラハに潜入。綿密な暗殺計画を立てていた……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >