2018/08/28 10:02

D・ボイル降板の『007』新作 後任にエドガー・ライト監督浮上

『007』新作の監督候補に浮上したエドガー・ライト監督 Frazer Harrison / Getty Images
『007』新作の監督候補に浮上したエドガー・ライト監督 Frazer Harrison / Getty Images

 映画『007』シリーズ新作からダニー・ボイル監督が離脱したことを受け、後任に『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督が新たに浮上していると、Deadlineが報じた。
 
 情報筋が同サイトに語ったところでは、ライト監督は現在、“監督就任の可能性が高い”人物の一人だという。昨年スマッシュヒットを記録した『ベイビー・ドライバー』をはじめ、『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などを手掛けた実力者とあって、期待が高まる。また同サイトは、もう一人の候補者として『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレの名前も挙げているが、こちらはスケジュールなどから就任の可能性は低いという。

 「創作上の意見の違い」で降板したボイル監督の後任には、これまで『最後の追跡』のデヴィッド・マッケンジー、『ベルファスト71』のヤン・ドマンジュの名前も挙がっていた。新たに浮上した2名を含め、このなかから『007』を監督する人物が選ばれるのか気になるところだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >