2018/09/03 04:00

マンUの名将アレックス・ファーガソンのドキュメンタリー映画始動

マンチェスター・ユナイテッドを長年率いたアレックス・ファーガソン監督 Alex Livesey / Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドを長年率いたアレックス・ファーガソン監督 Alex Livesey / Getty Images

 1986年から27年間プレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドFCの監督を務めたアレックス・ファーガソン氏を描いたタイトル未定のドキュメンタリー映画が始動していると The Hollywood Reporter ほか複数メディアが報じた。

 本作は、映画『トレインスポッティング』『ラストキング・オブ・スコットランド』を手掛けた DNA Films と、オスカーを受賞したドキュメンタリー『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』(日本劇場未公開)や『シュガーマン 奇跡に愛された男』を手掛けたパッション・ピクチャーズがタッグを組んで製作する予定の作品。

 ファーガソン氏の息子、ジェイソン・ファーガソンが初めてメガホンを取ることになり、すでに2年以上企画を進めているようだ。そのストーリーは、ファーガソン氏の家族や親しい友人を通してパーソナルな部分を捉えながら、出生地スコットランドのグラスゴーから、オールド・トラッフォード(マンチェスター・ユナイテッドFCのホームスタジアム)での成功、そして今年脳出血で倒れた後サルフォード・ロイヤル病院で治療を受けるまでを追ったものになるらしい。

 撮影は、今年10月開始予定。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【画像】かつてマンUに所属していたクリスティアーノ・ロナウド選手
ナイキ共同設立者の自叙伝が映画化
デッドプール、デヴィッド・ベッカムに謝罪!その理由とは
W杯の裏側に潜む移民労働者の真実を追ったドキュメンタリー、監督が現状を明かす
「インスタ女王」は依然S・ゴメス!人気急上昇はC・ロナウド
ラブラブ!平愛梨&長友佑都のベビーカー写真「お似合いの夫婦」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >