2018/09/03 23:06

S・キング初の探偵ドラマ「ミスター・メルセデス」、主演俳優らが語る

左から、ジャック・ベンダー監督、ホーランド・テイラー、ブレンダン・グリーソン
左から、ジャック・ベンダー監督、ホーランド・テイラー、ブレンダン・グリーソン

 ホラーの巨匠スティーヴン・キングが、ハードボイルドの探偵ものとして手掛けた小説「ミスター・メルセデス」のテレビシリーズ化作品について、主演のブレンダン・グリーソンが、ジャック・ベンダー監督、ホーランド・テイラーと共に、8月8日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 暴走するメルセデス・ベンツが行列に突っ込み、多くの死者を出すという無差別殺人事件が起き、未解決のまま2年が経過したある日、当時事件を担当していたオハイオ州の元刑事ビル・ホッジス(ブレンダン)のもとに、「ミスター・メルセデス」と名乗る犯人らしき人物から挑発的な手紙が届けられる。デイビッド・E・ケリーが製作総指揮と脚本を務め、テレビシリーズ「LOST」で製作総指揮を担当したベンダー監督がメガホンを取った。ホーランドは、ビルの隣人アイダを演じている。

 ベンダー監督は、『LOST』を手掛けているとき、スティーヴンがドラマの大ファンであることを知らされ、その後、数年間(スティーヴン・キング原作の)テレビシリーズ『アンダー・ザ・ドーム』で一緒に仕事をしたという。「スティーヴンから探偵ものの初作品を書いたと聞かされ、未出版の『ミスター・メルセデス』の本が送られてきたんだ。僕は、外見がモンスターに見えるよりも、むしろモンスターが(心に)宿る人を描いたハードボイルドな内容であることに惹かれたよ。スティーヴンは、われわれが怖がることを書くことに長けた人だから、映像化は難しいとも思ったけれど、どんな製作上の障害が待ち受けていようと、キャラクターを中心に描き、適格な俳優を起用すれば、良い作品ができると信じていたんだ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >