2018/09/04 23:32

環境問題に立ち上がる学生たちを描き話題のドキュメンタリー、監督らが語る

左から、ローラ・ニックス監督と学生のサヒティ・ピンガリさん
左から、ローラ・ニックス監督と学生のサヒティ・ピンガリさん

 世界中が環境汚染問題に直面する現在、環境保護のために斬新な発想で打開策を打ち立てる若者たちが参加する「インテル国際学生科学技術フェア」を描いた話題の映画『インヴェンティング・トゥモロー(原題) / Inventing Tomorrow』について、ローラ・ニックス監督と学生のサヒティ・ピンガリさんが、8月30日(現地時間)、ニューヨークのCinetic Mediaでインタビューに応じた。

 本作は、今年のサンダンス映画祭に出品された話題のドキュメンタリー。空気汚染、水質問題、鉱山の環境破壊など、世界中でさまざまな問題を抱える地域の若者たちが、その問題を解決すべく新たな打開策を研究した過程と、彼らがインテル国際学生科学技術フェアに参加し、その打開策をプレゼンするまでを捉えた。

 前作『イエスメンの反乱』(日本未公開)でも環境問題の活動家を描いているニックス監督。今回、世界中の科学に携わる若者と、インテル国際学生科学技術フェアについて描こうと思った経緯を、現在の環境問題の危機をいかに人々に伝えるかということに常に興味を持っているからと語る。「通常ならば、その状況の悲惨さは、ひどい環境被害にあった人々のストーリーを伝えればよく、意外と簡単に伝えられるの。でも、わたしたちにはその環境問題を打開する能力やテクノロジーがあるから、問題点だけでなく、そういった部分(問題を打開する能力やテクノロジー)に光を当てることへの重要性も考えたのよ」。そのアイデアを探すため、インテル国際学生科学技術フェアを訪れた際、多くの学生と出会ったことが今作を制作するきっかけになったと明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >