2018/09/04 05:00

役所広司・松たか子ら共演、司馬遼太郎「峠」映画化!

大型時代劇映画の新作、始動!
大型時代劇映画の新作、始動!

 小説家・司馬遼太郎の「峠」が『峠 最後のサムライ』のタイトルで映画化され、役所広司が主演することが4日、明らかになった。監督は『雨あがる』『阿弥陀堂だより』などの小泉堯史。松たか子、佐々木蔵之介、永山絢斗、芳根京子、渡辺大、東出昌大、吉岡秀隆、仲代達矢らが共演する。

 累計発行部数284万部を超える「峠」(新潮文庫刊)は、幕末の風雲児と呼ばれた武士で越後長岡藩家老・河井継之助を描いた長編歴史小説。継之助は激動の幕末、戊辰戦争において、越後長岡藩を率いて新政府軍に徹底抗戦したことで知られる。映画は幕府にも官軍にも属さず、小藩・越後長岡藩の中立・独立を目指した男、河井継之助の生きざまや妻との深い愛情、運命を共にしようとする男たちの熱い絆が描かれる。役所は自分の命を顧みず、妻や仲間、国を守ろうとする継之助役を務め、継之助を信じ、支え続けた妻おすがに松がふんする。

 そして、継之助の父・代右衛門を田中泯、母・お貞を香川京子。継之助の盟友で良き相談相手となる小山良運を佐々木、良運の息子・正太郎を坂東龍汰、継之助の従者・松蔵を永山、継之助が懇意にする旅籠屋の娘・むつを芳根、継之助と生死を共にする川島億次郎を榎木孝明、側近の花輪求馬を渡辺が演じ、幕府軍・松平定敬に矢島健一、継之助に戦争の虚しさを思い知らせる老人に山本學、月泉和尚には井川比佐志、徳川家最後の将軍となった徳川慶喜に東出、敵対する官軍の岩村精一郎に吉岡、継之助を重用した前藩主・牧野忠恭(雪堂)に仲代がキャスティングされた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >