2018/09/10 05:00

広瀬すず、コメディー本格初挑戦!堤真一、吉沢亮ら出演の新作映画2020年公開

左から吉沢亮、広瀬すず、堤真一
左から吉沢亮、広瀬すず、堤真一

 女優の広瀬すずが、2020年公開予定の映画『一度死んでみた(仮)』で、コメディーに本格初挑戦することが明らかになった。主人公を広瀬が演じるほか、堤真一、吉沢亮の出演が発表された。コメディー作品に憧れがあったという広瀬は、期待と不安をのぞかせながらも「キャストの皆様もとにかく濃厚な方ばかりですし、もう、必死についていきたいと思います」と意気込んでいる。

 同作が描くのは、父親のことが死ぬほど嫌いな女子大生と「少しだけ死ぬ薬」で死んで“おばけ”になってしまった父親をめぐって巻き起こる騒動。広瀬は父のことが大嫌いな主人公・野畑七瀬として、父の似顔絵が描かれたサンドバッグを「クソオヤジ!」と日々殴り、「臭い!」と言っては顔面に消臭スプレーを吹きかけるなど、テンション高く毒を吐きまくり、これまでにない顔を見せる。

 9月上旬よりクランクインし、関東近郊での撮影を経て10月中旬にクランクアップの予定。広瀬は「コメディー作品にずっと憧れがあったので、今回挑戦させていただけると聞いて楽しみではありますが、面白くできるかどうか、楽しめる余裕があるか不安です」と吐露。演じる七瀬には人差し指を立てる決めポーズがあるといい、「普段、なかなか自分自身で人差し指を立てることがないので、役づくりとして、毎日撮影前に人差し指を立て、気持ちを上げる練習をしたいと思います(笑)」とやる気十分の様子だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >