2018/09/09 08:15

土屋太鳳×芳根京子『累』朝ドラヒロイン初共演の愛憎劇に注目!

ドロドロの愛憎劇を繰り広げる土屋太鳳と芳根京子 (C) 2018映画「累」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社
ドロドロの愛憎劇を繰り広げる土屋太鳳と芳根京子 (C) 2018映画「累」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社

 土屋太鳳と芳根京子がダブル主演を果たした映画『累 −かさね−』(公開中)。共にNHK連続テレビ小説でヒロインを演じたこともある演技派女優の2人が、体当たりの熱演で「美醜」をめぐる愛憎劇を繰り広げている。

 2人が主演を務める『累』は、キスした相手と顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれ、累(芳根)とニナ(土屋)が次第にお互いの欲望と嫉妬心を抑えられなくなるさまを描く物語。土屋と芳根は、美貌を誇るニナ、そして顔に大きな傷を持ち、容姿に劣等感を抱えている累に入れ替わりながら、一人二役、二人一役で熱演を見せている。

 国民的女優の代名詞ともいえる朝ドラヒロインを、2015年の「まれ」、2016年の「べっぴんさん」で務めた経験を持つ土屋と芳根。2人はヒロインを演じる以前にも、吉高由里子が主演した2014年の「花子とアン」にも共に出演を果たしているが、劇中では2人の直接の共演シーンは実現しなかった。

 「まれ」「花子とアン」に先立つ土屋の朝ドラ初出演は、井上真央がヒロインを演じた「おひさま」(2011)。井上ふんする女性教師が担当するクラスの生徒役で出演し、貧しい家庭に育った素朴な性格の木村ハナを演じて着物姿も披露している。続いてメインキャストに抜擢された「花子とアン」では、吉高演じる村岡花子の妹役として存在感を発揮。ヒロインの座を射止めた「まれ」では、パティシエを目指して成長してゆく希を演じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >