2018/09/08 20:41

新作で全裸になったクリス・パイン、残虐描写よりヌードが話題になって驚き【第43回トロント国際映画祭】

インターネットでの盛り上がりにクリス・パインもタジタジ Rodin Eckenroth / WireImage / Getty for TIFF
インターネットでの盛り上がりにクリス・パインもタジタジ Rodin Eckenroth / WireImage / Getty for TIFF

 現地時間7日、第43回トロント国際映画祭でNetflix映画『アウトロー・キング ~スコットランドの英雄~』の会見が行われ、主演のクリス・パインが前夜のワールドプレミアで大きな話題になった自身の全裸シーンについて語った。

 本作はスコットランドの国民的英雄として名高いロバート・ザ・ブルース(後のスコットランド王ロバート1世)が、イングランド国王に追放された後、スコットランド王位を手にするまでの壮絶な戦いを描いた歴史アクション。前作『最後の追跡』が第89回アカデミー賞で作品賞など4部門にノミネートされたデヴィッド・マッケンジー監督が、血湧き肉躍る一大スペクタクルに仕上げている。

 しかし、前夜のワールドプレミアの後、インターネットで一番の話題になったのはクリスの全裸シーンだ。クリスは「僕たちは皆、ある体の部分を持っている。だから人々はそれについて話したいんだろう」と若干の理解を示した上で、「でも、この映画ではたくさん内臓が出てくるし、首も切られる。クラクラさせられるほどにね。でもそれは現代の観客にとって、ベッドシーンやペニスほど関心を引くものではないんだというのが、興味深いと思ったよ」とここまでの反響に驚いた様子。「このことは皆深く考えてみるべきだよ。西洋の社会では、ベッドシーンや皆がもともと持っているものを見せるだけで、インターネットでバズるんだから。ぶっ飛んでいるよ」と苦笑いした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >