2018/09/11 07:00

俳優たちが実写化したいマンガ発表!ドラマ「このマンガがすごい!」

「おそ松くん」の六つ子にふんするでんでん (C)赤塚不二夫/eBook Japan (C)「このマンガがすごい!」製作委員会
「おそ松くん」の六つ子にふんするでんでん (C)赤塚不二夫/eBook Japan (C)「このマンガがすごい!」製作委員会

 テレビ東京の10月クールに放送されるドキュメンタリードラマ「このマンガがすごい!」(毎週金曜深夜0時52分~1時23分)に出演するゲスト俳優たちの、実写化したいマンガタイトルが一部発表。併せて、俳優たちがマンガのキャラクターに変身したビジュアルも公開となった。

 女優の蒼井優がナビゲーターを務める本作は、毎回ゲスト出演する役者たちが自ら実写化したいマンガを選び、独自の役作りでマンガのキャラクターと一体化するまでの過程を追うもの。役者がマンガキャラと一体化する表現は、マンガのコマに役者が入る独自の手法で行われる。監督は、ドキュメンタリードラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」「山田孝之のカンヌ映画祭」(いずれもテレビ東京)などの松江哲明。

 発表されたのは、古谷実作「行け!稲中卓球部」(新井浩文&山本浩司)、手塚治虫作「火の鳥」(神野三鈴)、つげ義春作「やなぎ屋主人」(塚本晋也※塚は旧字)、赤塚不二夫作「おそ松くん」(でんでん)、皆川亮二作「ARMS」(中川大志)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >