2018/09/11 12:25

『コード・ブルー』86億円を突破!『コナン』に王手

『コード・ブルー』今年の興行収入No.1なるか (C) 2018「劇場版コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−」製作委員会
『コード・ブルー』今年の興行収入No.1なるか (C) 2018「劇場版コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−」製作委員会

 山下智久が主演し、大ヒット公開中の映画『劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』の興行収入が86億円を突破した(興行通信社調べ)。

 人気医療ドラマ「コード・ブルー」シリーズ初の劇場版となる本作は7月27日に公開され、全国映画動員ランキング3週連続の1位を獲得。夏休みの季節に数多くの大作が公開されるなかで今年の夏映画を制した勢いのまま、公開から7週目を迎えた9日までの観客動員数は671万人を超えた。

 今年の上半期興行収入ナンバー1の作品は、人気シリーズ第22弾となる『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』。興行収入は86.7億円と6年連続でシリーズ最高興収を更新中だが、『コード・ブルー』がその記録を破ることが確実視されている。現在、歴代興行収入ランキングの55位である同作が、今後どこまで順位を上げるのか期待が高まる。

 今作は、救急用のドクターヘリに乗るフライトドクターたちの成長を描いた作品。2008年に放送されたドラマは3rdシーズンまで放送され、スペシャルドラマやスピンオフ作品が製作されるなど根強い人気を誇っている。(編集部・梅山富美子)

【関連情報】
【写真】山下智久、新垣結衣らキャスト陣の浴衣姿!
山下智久『コード・ブルー』、5人で振り返る10年
夏興行No.1は『コード・ブルー』!山下智久が特大ヒットに感謝
2018年上半期邦画1位は『コナン』公開15週目までトップ10維持
『コード・ブルー』で丸刈り姿を披露!女優魂みせる山谷花純に注目
劇場版『コード・ブルー』公開中!藍沢たちの成長を振り返り

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >